無呼吸症候群とは

リラックス出来る環境が揃っている岡山で透析を利用してみませんか?透析が初めての人でも安心な管理体制となっています。

無呼吸症候群と呼ばれる症状の名前を聞いたことがあると言う方は多いでしょう。
無呼吸症候群睡眠中に起こる症状で、睡眠の最中に呼吸が止まっている状態が定期的に繰り返されてしまう症状のことをいいます。
呼吸困難が睡眠中定期的に起こることによって、脳や体にダメージが蓄積されていき、治療せずに放っておくととても危険な状態に陥ってしまう可能性があります。
脳は常に酸素を欲しています。呼吸を行う事で脳に酸素が行き届くのですが、無呼吸症候群になってしまうと、酸素が上手く脳まで届かない時間というものができてしまいます。
この時間が存在することによって、脳や体が睡眠中にダメージを受けていくことになるのです。
普通人間は睡眠を取ることによって脳や体を休めていきます。しかし無呼吸症候群になってしまうと、脳や体が上手く回復せずに、ダメージが蓄積されて行き、日常に様々な影響を及ぼしてしまうのです。

無呼吸症候群は睡眠中に起こる症状で、睡眠中の脳や体にダメージを蓄積させていきます。
そのことによって日中にも様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。
例えば強い眠気を感じることがあります。日中眠くなってしまうという方は多いものの、それとは比にならない眠気が襲いかかってきます。
他にも倦怠感や集中力低下といった症状がでてきます。
無呼吸症候群は自分ではなかなか気づくことの出来ない症状です。
日中強い眠気やだるさ、集中力低下、そして常に疲労感があるという方は、一度無呼吸症候群の可能性を考えて検査を行うようにしましょう。

オススメリンク

  • 頻尿になってしまう前に予防する方法をコチラで教えてもらいましょう。泌尿器科を埼玉で探している場合にもオススメです。